乳がん下着なら乳がん専用下着のユコー株式会社

カタログダウンロードご利用ガイド初めての方へサイトマップ

いらっしゃいませ ゲストさん

ホーム > ユコーについて

ユコーについて

楽しく、美しく、イキイキと。ユコーは1973年 数少ない乳がん手術後の補整具・専用下着メーカー

ユコーオリジナルの人工乳房「メロー」、ドイツ製の人工乳房「シリマ」、アイルランド製の人工乳房「ナチュラルウエア」、専用ポケットがついている下着、水着、女性用ウィッグ、弾性アームスリーブ&ストッキング、胸帯の製造・輸入販売を行っています。乳がんの治療中・手術後のトータルブレストケアを目指しております。

また婦人科がんなどを含めた ”cancer care support” を理念とし、リンパ浮腫対応品として弾性ストッキング(平編み、丸編み)および弾性着衣&非弾性着衣の既製あるいはオーダー品を製造・輸入販売しております。

ユコーの5つのお約束

1.お客様の満足を第一に、専門メーカーとして、より深い研究を行い、常に新たな満足をご提供し続けます。2.「楽しく、美しく、イキイキと。」をモットーに、全ての社員がサービスマインドを持って歩み続けます。3.常に、お客様の立場に立って、心を込めたご説明と採寸活動を行います。4.お電話はもちろん、お客様との接遇には、「スピーディ、さわやか、丁寧」を基本として、気持ちよい会話を心がけます。5.病院やお客様には、継続して、定期的な訪問を行います。

東京工場・お客さまサービス室風景

会社情報

会社名 ユコー株式会社
所在地 〒123-0841
東京都足立区西新井7-14-15
TEL/FAX [TEL] 03-3896-2651
[FAX] 03-3896-2667
ホームページ [日本語] http://www.yukor.co.jp/
[English] http://www.yukor.com
設立 1973年
資本金 10,000千円
役員 代表取締役 戎谷 洋
取引銀行 三井住友銀行 西新井支店
事業内容 乳がん用補整具、下着、水着、胸帯、ウィッグ、ホームキャップ、弾性アームスリーブ、弾性ストッキング等の製造・輸入販売

ユコーでは、女性コーディネーターを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。

沿革

1973年10月6日 200万円で株式会社を東京都足立区に設立・創業。
乳がん手術後の補整用品の企画開発を方針とする。人工乳房マンマ(シリコンゼリータイプ(卵形)を製造販売。
1973年12月 専用のブラジャーをオーダーメイドで発売。直接販売で全国展開開始。
1974年 マンマ「シリコンゼリータイプ(トライアングル形)」を発売。
1976年 千葉工場でマンマ生産開始。
マンマ「エアタイプ」「フォームタイプ」発売。
ニューインナー発売。
マンマ「ナチュラルタイプ」発売。
1977年 リンパ浮腫用弾性アームスリーブ「アックス」製造販売。
1979年 乳がん手術後の患者様向け「シェイプアップ水着」発売。
1980年8月 本社・工場完成。
1981年 人工乳房「シリマ(非対称形)」ドイツ・セーマート社から輸入販売。
1984年 マンマ「シリコーンゼリータイプS型(円形)(しずく形)」発売。
1985年4月 大阪・営業サービス室オープン。
1986年10月 人工乳房「シリマ(部分用)・貝殻タイプ」輸入販売。
1989年4月 京都営業所オープン。
1991年 人工乳房「マンマメロー(非対称形)」発売。
1993年4月 綿タイプブラジャー「BB3220」「BB3223」標準品発売。
1994年3月12日 神奈川県乳腺甲状腺外科研究会の『横浜カンファレンス1994』で「再建を行わない場合の装具の工夫点、また装具全般について」研究発表。
1994年4月 華やかリバーレースブラジャー
「BD4882」「BD4883」標準品発売。
1994年6月 肌に接着タイプの人工乳房「シリマダイレクト」輸入販売。
1994年9月21日 「お客さまサービス室・名古屋」JR名古屋駅近くにオープン。
1995年 入院生活を快適にする「ピンクの胸帯」発売。
1995年11月8日 資本金を1,000万円に増資。
1996年 人工乳房「セレナ(フランス・チュアンナ社)」輸入発売。
人工乳房「シリマ(トライアングル形)」輸入発売。
1996年11月1日 東京・西日暮里に本社営業サービス室オープン。
1996年12月28日 京都営業所閉店。
1997年1月6日 「お客さまサービス室・大阪」を大阪・西天満の住友生命御堂筋ビルに移転オープン。
1997年4月1日 トータルファッションとしてガードルを発売。
2000年2月 抗がん剤治療の副作用の脱毛ケアとして低価格・高品質のウィッグ発売。
2002年3月31日 ユコーは業界でのパイオニア企業として、日本で初めて行われたピンクリボン運動に協賛。乳房健康研究会主催の「第1回ミニウォーク&ランフォーブレストケア(東京都・立川市の国営昭和記念公園)」に戎谷社長以下東京勤務の従業員23名が参加。
2003年5月 リンパ浮腫の治療の保存療法に最適とされている平編みの弾性ストッキングと弾性スリーブ&グローブを日本で初めて製造に成功、規格品とオーダーメイド品を発売。
2003年7月26日〜8月3日 アメリカ・ワシントン市プロビデンス病院で「アメリカにおける緩和ケアの実情と実践」というテーマでがん看護研修会を行う。コーディネーターは東京慈恵会医科大学看護学科教授 住吉蝶子先生。
2005年6月13日 「お客さまサービス室・横浜フィッティングルーム」を横浜・関内駅近くにオープン。
2005年9月22日 「第三種医療機器製造販売許可証」「第三種医療機器製造許可証」を受ける。
2008年11月19日〜22日 ドイツ・デュッセルドルフ市で開催された見本市「MEDECA2008」(国際医療機器展及び国際会議)に世界から出店業者4,000社、来場者数14万人の中に初出展。
2010年4月23日 アメリカの非弾性圧迫着衣のメーカー・ソラリス社と独占販売契約を行う。

2010年6月現在